織志とは

ひとりひとりの思いを実現させるそのためのサポーターでありたい

「株式会社 織志」は「組織」と「個人」の思いを形にするために、人のキャリアに向き合うキャリア支援会社です。

我々はキャリアを「思い」の積み重ねだと考えています。人の数だけ「思い」はあります。そして「組織」の数だけ組織の「思い」もあります。「個人」の、そして「組織」の、それぞれの「思い」を言葉にし、それを形にして創りあげていく。

そのためのご支援をすることが、「株式会社 織志」のミッションです。

「思い」に気づく

「思い」と一言でいってもそれは目に見えるものではありません。そして人は自分の中にある「思い」に気が付いていないこともあります。そもそも「思い」とは何でしょうか?「使命」「希望」「自己実現」「こだわり」…。なかなかそれは言葉にはできない。けれど確かに人は心の中に何か「思い」があるはずなのです。

それは「組織」も同じこと。組織にも実現したい何らかの「思い」があるはずです。そうした「個人の思い」と「組織の思い」に気づき、言葉にしていくこと。そのことが「思い」を形にする第一歩です。

「思い」を形にする

「思い」があったとして、「どのように実現していけばいいのか?」がわからずに先に進めないことがあります。

そんなときには「形にするための具体的なステップ」を一緒に考えていきます。そして「やることを明確にする」ことで「そっと背中を押す」。そんな役割を我々は果たしていきたいのです。

個人の思いの総和を組織の思いに

個人の「思い」と組織の「思い」を融合することができると、個人の総和以上の力が組織には生まれます。それはあたかも、1本1本の「思い」という糸を組み合わせながら、1枚の美しい織物に織り上げていく。そんなものづくりと似ています。そんな組織(織物)を心を込めて作っていきたい。それが「株式会社 織志」の思いです。

「織志」の名前の由来

「志」を「織る」ということ

小さいころは自分の名前があまり好きではありませんでした。「志織(しおり)」=本に挟む「しおり」だとか、遠足の「しおり」などとからかわれたものです。ですが「志織」という漢字をみていてふと気づいたのです。

「志織」=「志を織る」=「志(思い)を織りこむ」ということだと。「思い」を「形にできる」人間になれるように。それが親の思いだったのかもしれません。それからは自分の名前が大好きになりました。そしてその名前の通りに「志」を「織れる」人間になったと思います。そして今度は多くの人の「志」を「織る」お手伝いをしたい。

その思いから社名を「織志」と名付けたのです。

シンボルマークについて

赤の縦糸と紺の横糸の「平織り」のイメージから、「ORISHI」の頭文字の「O」を抽出しました。平織り・綾織り・朱子織りの代表的な三種類の織りの中でも、平織りは一番シンプルかつ丈夫で強い織り方です。

赤の縦糸はお客さまを表し、紺の横糸は織志を表しています。互いが織り合わさることにより、1枚の強く美しい織物になるようにと願いを込めています。

「織志」の実現したいこと

キャリアについて徹底的に考えたリクルート時代

大学卒業後に株式会社リクルートに入社。「職人」のための求人広告の新規開拓営業からスタートし、その後、株式会社リクルートスタッフィングに再入社。人材ビジネスに身を置く中で様々な雇用形態で働く人々と出会い、キャリアの多様性を早くから意識していたと思います。また現場の営業担当から営業マネージャーへと、順調にキャリアアップしていく一方で、30代で会社を卒業し、独立や起業をしていく多くの先輩たちを目の当たりにして、自分の「働き方」や社会に対する自分のミッション、また自分の今後のキャリアの在り方について常に考え続けていました。「自分が何をしたい人なのか?」「何ができる人なのか?」をと問い続けた結果、今の自分にたどり着いたのです。

キャリアコンサルティングとの出会い

20代で「キャリア」について勉強がしたいと思い、カウンセリングの資格を複数取得。資格取得後は本業を続けつつ、キャリアコンサルタントとして独自で活動を始めていました。「キャリアコンサルタントとしていつかは独立を」という思いはずっとありました。いや、もしかしたら「独立しなくてはいけない」という焦りのほうが強かったかもしれません。そんな焦りを抱えながらも、一方で企業という組織の面白さから離れられず、最終的には事業部長という立場で組織経営にも携わっていました。その経験は「組織」の中での「個」、また自律的なキャリアを考えていく上で非常に重要な経験となりました。「組織の思い」と「個人の思い」を如何に融合し、ベクトルを合わせて形あるものにしていくか?そのことを身をもって体現したのです。

私の「思い」を実現することが、ひとの「思い」を形にすること

2017年3月。私の「思い」である「人の志(思い)を織る(形にする)」するために独立しました。もっと多くの組織と個人の思いを繋ぎ、形にしていきたい。これまでに多くの組織と個人と出会い、対話してきた結果、たどり着いた私の「思い」です。対話を大切にしながら「ひとりひとりの思いを実現する」サポーターでありたいと願っています。

河野志織代表

Shiori Kono

略歴

立教大学経済学部卒業。
株式会社リクルート、
株式会社リクルートスタッフィングを経て、
2017年4月にキャリアコンサルタントとして独立。
2018年4月、株式会社織志設立。代表取締役に就任。

保有資格

国家資格キャリアコンサルタント
キャリアコンサルティング技能士2級
産業カウンセラー
GCDF-Japanキャリアカウンセラー
野菜ソムリエ